×
おおつかほーるでぃんぐす
Otsuka Holdings Co.,Ltd.

最終更新日2022年09月01日

法人番号4010001118786

証券番号4578

総合ヘルスケアグループとして医療分野や飲料製造など様々な事業を展開する会社

総合ヘルスケア企業グループとして、疾病の診断から治療までを担う事業と、日々の健康の維持・増進をサポートする事業を2本の柱とする子会社および関連会社を統括管理する。 "汗の飲料"のコンセプトで開発された「ポカリスエット」や電解質と糖質の配合バランスを考慮した日本初の経口補水液「オーエスワン」等の製品の認知度が高い。 主力事業の医療関連事業では、重点領域として中枢神経領域やがん領域に注力して.......

事業内容キーワード

特徴

Musubuはこちら

140万件の企業情報から
検索・ダウンロード可能な

数千社の営業リスト作成が30秒で
細かな検索条件で見込みの高い企業を絞り込み
充実の企業データで営業先のリサーチ時間短縮

基本情報

設立年月
2008年7月
上場日
2010年12月
資本金
816億9000万円
売上高
1000億円以上
売上高増加率
0~10%
(2020年度)
従業員数
137人 (2021 年度)
従業員増加率
20~50%
(2021 年度)
事業所数
0~3箇所
上場市場
東証プライム
決算月
情報あり

代表者

名前
樋口達夫
年齢
情報あり
生年月日
情報あり
出身大学
情報あり

役員

大塚一郎 代表取締役会長

大塚一郎(1965年02月15日)。1987年、株式会社大塚製薬工場入社。1997年、大塚製薬株式会社取締役消費者製品開発部長。1998年、同社常務取締役消費者製品部・宣伝・販促・開発部担当。2001年、株式会社大塚製薬工場取締役研究開発担当。2002年、同社代表取締役。2003年、同社代表取締役副社長。2004年、同社代表取締役社長。2008年、大塚ホールディングス株式会社取締役。2010年、同社取締役副社長。2014年、株式会社大塚製薬工場代表取締役。2015年、大塚製薬株式会社取締役(現任)株式会社大塚製薬工場取締役会長。2022年、株式会社大塚製薬工場代表取締役(現任)。

樋口達夫 代表取締役社長兼CEO

樋口達夫(1950年06月14日)。1977年、大塚製薬株式会社入社。1998年、同社専務取締役(ファーマバイト)。1998年、同社取締役副社長。1999年、同社取締役アメリカ担当。2000年、同社代表取締役社長。2008年、同社取締役。2008年、大塚ホールディングス株式会社代表取締役社長兼CEO(現任)。2011年、大塚化学株式会社取締役。2015年、大塚製薬株式会社代表取締役社長。2020年、同社代表取締役会長(現任)。

松尾嘉朗 取締役副社長

松尾嘉朗(1960年11月03日)。1985年、大塚製薬株式会社入社。2003年、同社執行役員総務部長補佐。2006年、同社執行役員総務部長。2007年、同社常務執行役員総務部長(兼)法務・企画渉外担当。2008年、大塚ホールディングス株式会社常務取締役(総務担当)。2016年、同社専務取締役(総務担当)。2017年、大塚メディカルデバイス株式会社取締役(現任)。2019年、同社専務取締役。2022年、大塚製薬株式会社代表取締役副社長(現任)同社取締役副社長(現任)。

高木修一 常務取締役CSO

高木修一(1966年01月03日)。1989年、飛島建設株式会社入社。1995年、大塚製薬株式会社入社。2002年、同社OIAA事業部財務部。2003年、同社経理部。2015年、株式会社大塚製薬工場執行役員インド担当。2015年、クラリス大塚株式会社(現大塚製薬インド株式会社)CEO。2019年、大塚ホールディングス株式会社常務執行役員社長室担当。2019年、大塚製薬株式会社取締役財務(兼)事業ポートフォリオマネジメント担当同社取締役(事業ポートフォリオマネジメント担当)。2021年、大塚アメリカInc .取締役社長(現任)。2022年、大塚製薬株式会社常務取締役(事業戦略(兼)大塚アメリカInc .担当)(現任)同社常務取締役CSO(現任)。

牧野祐子 取締役CFO

牧野祐子(1961年10月23日)。1982年、大塚製薬株式会社入社。1996年、バクスター株式会社入社。2000年、大塚製薬株式会社入社。2015年、大塚ホールディングス株式会社経営財務会計部部長。2016年、同社執行役員経営財務会計部長。2017年、同社執行役員税務部長。2018年、同社取締役(財務担当)。2019年、同社取締役CFO(現任)。2022年、大塚製薬株式会社取締役(財務担当)(現任)。

小林将之 取締役

小林将之(1966年07月10日)。1989年、株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀行)入行。1993年、大鵬薬品工業株式会社入社。2002年、大鵬ファーマU.S.A.Inc .(現大鵬オンコロジーInc .)取締役社長。2003年、大鵬薬品工業株式会社取締役。2010年、大塚アメリカInc .取締役社長兼CEO。2012年、大鵬薬品工業株式会社代表取締役社長(現任)。2014年、大鵬オンコロジーInc .取締役会長(現任)。2017年、大塚ホールディングス株式会社取締役(現任)。

東條紀子 取締役

東條紀子(1964年02月28日)。1987年、ゴールドマン・サックス証券会社入社。1991年、Shearson Lehman Brothers 入社。2002年、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社エンゲージメントマネージャー。2006年、インテル株式会社インテルキャピタルジャパンディレクター。2008年、大塚ホールディングス株式会社常務取締役(事業企画担当)。2011年、大塚メディカルデバイス株式会社取締役。2012年、大塚アメリカInc .取締役社長兼CEO。2015年、ファーマバイトLLC取締役CEO。2017年、大塚メディカルデバイス株式会社代表取締役社長(現任)。2017年、大塚アメリカInc .取締役。2017年、ファーマバイトLLC取締役会長。2018年、同社取締役(現任)。

井上眞 取締役

井上眞(1958年08月09日)。1983年、大塚製薬株式会社入社。2008年、同社執行役員診断事業部事業部長。2009年、同社常務執行役員医薬品事業部副事業部長。2015年、同社取締役(兼)専務執行役員ニュートラシューティカルズ事業部長。2015年、ファーマバイトLLC取締役。2017年、大塚製薬株式会社常務取締役ニュートラシューティカルズ事業担当。2017年、デイヤフーズInc .取締役。2018年、大塚製薬株式会社専務取締役ニュートラシューティカルズ事業担当。2018年、ナルドベルSAS取締役会長。2019年、大塚製薬株式会社取締役副社長。2020年、同社代表取締役社長(現任)大塚ホールディングス株式会社取締役(現任)。

松谷有希雄 取締役

松谷有希雄(1949年10月20日)。1975年、聖路加国際病院小児科研修医。1981年、厚生省(現厚生労働省)入省。2005年、厚生労働省医政局長。2007年、国立療養所多磨全生園長。2012年、国立保健医療科学院長。2015年、国際医療福祉大学副学長。2016年、大塚ホールディングス株式会社社外取締役(現任)。2019年、一般財団法人日本公衆衛生協会理事長(現任)。

関口康 取締役

関口康(1948年05月04日)。1973年、三菱商事株式会社入社。1990年、株式会社ボストン・コンサルティング・グループ入社。1996年、ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル株式会社(現ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニー)ステラッド事業部長。1998年、ヤンセン協和株式会社(現ヤンセンファーマ株式会社)代表取締役社長。2009年、同社取締役会長。2009年、同社最高顧問。2011年、ディー・アイ・エー・ジャパン(現一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン)代表理事。2012年、株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)社外取締役。2014年、ケネディクス株式会社社外取締役。2018年、大塚ホールディングス株式会社社外取締役(現任)。

青木芳久 取締役

青木芳久(1952年01月17日)。1974年、伊藤忠商事株式会社入社。2003年、同社執行役員。2009年、同社常務執行役員食料カンパニープレジデント。2010年、同社代表取締役専務執行役員食料カンパニープレジデント。2017年、同社理事(現任)。2017年、株式会社あらた社外取締役(現任)。2019年、大塚ホールディングス株式会社社外取締役(現任)。

三田万世 取締役

三田万世(1960年10月14日)。1983年、モルガン・スタンレー証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)入社。1989年、同社株式調査部(ヘルスケア担当)。2000年、同社マネージング・ディレクター。2013年、同社投資銀行本部シニア・アドバイザーヘルスケア担当。2020年、大塚ホールディングス株式会社社外取締役(現任)。

北地達明 取締役

北地達明(1956年04月23日)。1985年、サンワ東京丸の内事務所(現有限責任監査法人トーマツ)入所。1989年、公認会計士登録。1996年、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)社員(パートナー)。2010年、内閣府公益認定等委員会委員。2012年、有限責任監査法人トーマツアドバイザリー開発部長。2013年、同所ボードメンバー。2017年、同所アドバイザリー事業本部インダストリー事業部長。2019年、デロイトトーマツ合同会社Thought Leader 。2021年、神奈川県顧問(現任)。2022年、大塚ホールディングス株式会社社外取締役(現任)。

鳥羽洋三 常勤監査役

鳥羽洋三(1957年03月16日)。1979年、大塚化学株式会社入社。1995年、同社情報センターセンター長。2006年、トロセレンGmbHCFO。2009年、大塚化学ホールディングス株式会社(現大塚化学株式会社)執行役員情報システム部長。2009年、大塚ホールディングス株式会社執行役員経営財務会計部IT担当部長。2011年、大塚化学株式会社取締役総務・経理・IT担当。2015年、同社専務執行役員経営財務会計部(兼)コーポレートサービス部担当。2018年、同社常勤監査役(現任)。2019年、大塚化学株式会社監査役(現任)。

菅原洋 監査役

菅原洋(1970年03月13日)。1997年、中央監査法人入所。2000年、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所。2002年、公認会計士登録。2006年、ウィルキャピタルマネジメント株式会社ヴァイスプレジデント(現任)。2010年、大塚ホールディングス株式会社社外監査役(現任)。2012年、大塚製薬株式会社社外監査役。2013年、日本駐車場開発株式会社社外取締役。2016年、大塚製薬株式会社監査役(現任)。

大澤加奈子 監査役

大澤加奈子(1970年12月22日)。1998年、弁護士登録(第一東京弁護士会)。2005年、米国ニューヨーク州弁護士資格取得。2015年、リンテック株式会社社外取締役(監査等委員)(現任)。2021年、法制審議会担保法制部会委員(現任)。2021年、事業再生研究機構理事(現任)。2021年、TPR株式会社社外取締役(現任)。2022年、大塚ホールディングス株式会社社外監査役(現任)。

辻さちえ 監査役

辻さちえ(1972年04月23日)。1996年、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所。1999年、公認会計士登録。2015年、株式会社エスプラス(現株式会社ビズサプリ)代表取締役(現任)。2016年、一般社団法人日本公認不正検査士協会理事(現任)。2021年、SBSホールディングス株式会社社外取締役(監査等委員)(現任)。2021年、新電元工業株式会社社外監査役(現任)。2022年、大塚ホールディングス株式会社社外監査役(現任)。

業績割合

売上高推移

2008
company
300億円

事業別収益割合

company
40%

大株主

company
40%

従業員数推移

company300人

飲料製造業界の大塚ホールディングス株式会社と従業員数が近い会社

総合ヘルスケア企業グループとして、疾病の診断から治療までを担う事業と、日々の健康の維持・増進をサポートする事業を2本の柱とする子会社および関連会社を統括管...

缶コーヒーをはじめとする清涼飲料水の販売を行っている。特に、DYDO自販機や店舗の商品補充を請け負う。また、自販機の清掃やメンテナンス、更新を手掛ける。

大手飲料メーカー「KIRIN」のグループ会社であるキリンビバレッジの自動販売機で清涼飲料を販売している。総合飲料企業キリンビバレッジのグループ会社で愛知県...

主に牛乳やヨーグルトなど乳製品の製造・販売を行う。「中央牛乳」やFK-23フェカリス菌を配合したヨーグルト「どうまいヨーグルト」などを主な製品とする。また...

飲料製造業界の本社が千代田区(東京都)にある会社

ティーバッグ麦茶「フジミネラル麦茶」や「烏龍茶」および「ごぼう茶」など健康茶の製造および販売を手掛ける。また、珍味事業として、中国の連結子会社において製造...

「白金びわ茶」を製造し、Webショップ及びAmazonで販売する。

東京都千代田区において、抹茶商品の企画および販売を行っている。主力商品として、「ohayo千休」「itsumo千休」といった抹茶ラテがある。また、抹茶と共...

炭酸飲料やコーヒー系飲料などの飲料商品の製造や販売を行うチェリオグループの統括を手掛けている。

飲料製造業界の大塚ホールディングス株式会社と売上高が近い会社

総合ヘルスケア企業グループとして、疾病の診断から治療までを担う事業と、日々の健康の維持・増進をサポートする事業を2本の柱とする子会社および関連会社を統括管...

1949年創業の飲料会社で、 持株会社としてグループ全体の経営戦略の策定や推進、経営管理などを行っている。 アサヒグループホールディングス他、子会社122...

「コカ・コーラ」や「ファンタ」「い・ろ・は・す天然水」「紅茶花伝」などの清涼飲料の製造から販売までを手掛けている。また、スーパーやコンビニエンスストアへの...

サントリーの清涼飲料販売会社。サントリーグループの中核を担っており、日本だけでなく欧州、アジア、オセアニア、米州などでも製造・販売事業を行い、それぞれのニ...

飲料製造業界の大塚ホールディングス株式会社と資本金が近い会社

総合ヘルスケア企業グループとして、疾病の診断から治療までを担う事業と、日々の健康の維持・増進をサポートする事業を2本の柱とする子会社および関連会社を統括管...

飲料・食品および酒類の製造・販売を行うサントリーグループの純粋持株会社である。グループ全体の経営戦略の策定・推進およびコーポレート機能を担う。また、傘下の...

持株会社体制のもと、日本綜合飲料事業を営むキリン㈱、オセアニア綜合飲料事業を営むLION PTY LTD、海外その他綜合飲料事業を営むBrasil Kir...

サッポロビールグループの持ち株会社であり、主に、ビールや発泡酒、国産ワインなどの酒類の製造販売を連結子会社のサッポロビール株式会社や株式会社恵比寿ワインマ...

飲料製造業界の市場規模推移

2008
company
300億円

※Baseconnectで保有している主要対象企業の売上高データより算出

よくある質問

大塚ホールディングス株式会社が本社を構える東京都の食品業界の会社には上場企業はどの程度いますか?

大塚ホールディングス株式会社が本社を構える東京都では、約130社の食品業界の会社の企業が上場しています。

大塚ホールディングス株式会社が本社を構える東京都の食品業界の会社には、どのような事業内容の企業が多いですか?

大塚ホールディングス株式会社が本社を構える東京都には、健康食品販売、サプリメント販売、健康食品製造事業の企業が多く存在しています。